レーザー脱毛の種類

続いてはレーザー脱毛のレーザーの種類について説明します。医療レーザー脱毛は、短期間に終わらせることが出来て痛みも少ない為、敏感肌などの肌が弱い方も選べる施術方法です。針脱毛ですと事前にある程度ムダ毛を伸ばさなくてはならないのですが、レーザーでしたらそのような事もなく治療に移れます。そんなレーザー脱毛ですが、使用されるレーザーにはいくつかの種類があります。

レーザー脱毛ではメラニンへの照射を行うのですが、その効率の良い波長が700~1,000nmの間になります。その数値の違いによって種類が変わってきます。私たち日本人は黄色人種と言われますが、その肌に適しているのがダイオードレーザーです。波長は800nmで、照射面を冷却しながら使うので肌への痛みやダメージを抑える事が出来ます。アレキサンドライトレーザーはレーザーと共に冷却ガスが発射されるのでこちらも肌に優しいレーザーとなります。波長は755nmとなります。ヤグレーザーというものは前述の二つと比べ脱毛効果は劣りますが、肌の黒い方にも使用できるものです。波長が1,064nmと長いためメラニンへの効果が低く、黒い肌へのダメージが低いのです。逆にルビーレーザーというものは肌が薄い人に効果が高いものですが、肌が濃いと火傷のリスクが高くなります。波長は短めの694nmとなります。

このようにレーザー脱毛では肌の濃さや、目的に合わせて様々な波長があるのでニーズに合わせて使用するレーザーを変えればどんな人でも使用することができます。施術する前にお医者様と相談してどのようなレーザーを使うか決めて施術を受けてください。